Pocket

ロックバンドUNISON SQUARE GARDENの名曲『シュガーソングとビターステップ』がソーシャルゲームのBGMとして使われるようです。

『シュガーソングとビターステップ』とはスリーピースバンド『UNISONSQUAREGARDEN』の代表曲で、アニメ『血界戦線』の主題歌です。

発売当時、全国のCDショップから姿を消して話題になりました。よいテンポと特徴的な歌詞が癖になってくる、良い曲なので聴いてみてください。

明るいメロディーから「超天変地異」なんてフレーズが出てきて、意味不明な曲だなと思うかもしれませんが、聞いてるうちにメロディが耳にしっかりと馴染んできます。

僕は最後の「I feel 上々! 連鎖になってリフレクト!」ってところを聞いた瞬間に、どハマりしました。

それで、今回『シュガーソングとビターステップ』が使用されるゲームはこれです。(血界戦線のゲームではありませんよ)

Fullsizeoutput 5b
バンドリ!〜ガールズバンドパーティー〜

女子高生ミュージシャンたちが主人公のリズムゲームで、ライブハウスを盛り上げることが目的のようです。

公式サイト

また、『シュガーソングとビターステップ』以外にも使用される曲がたくさんあります。現段階で判明しているのは以下の5曲です。

  • 空色デイズ (天元突破グレンラガンOP)
  • カルマ  (テイルズオブジアビス主題歌)
  • Secret base〜キミがくれたもの〜 (『あの花』でカバーされました)
  • 魂のルフラン (エヴァンゲリオン劇中歌)
  • シュガーソングとビターステップ(あえて説明しない)

 この選曲は反則ですね。

『空色デイズ 』や『カルマ』のようなちょっと古めの曲も採用することで、僕らの中にある「思い出補正」を刺激しまくっています。

これらの曲がリリースされた頃、僕はまだ現役バリバリの小学生ですよ。『グレンラガン』なんて思い出深い作品ですし、『テイルズオブジアビス』はゲーム自体はプレイしたことがないものの、当時『おはスタ』CMでめちゃ流れていました。

『Secret base〜キミがくれたもの〜 』はZONEというバンドの代表曲で、紅白でも演奏されていたようです。上記のとうりアニメ『あの花』でもカバーされて話題になりました。

『魂のルフラン 』はエヴァの幻の曲らしく、流れているシーンを見ること自体が難しくなっているようです。どおりでエヴァを見たのに分からなかったわけだ。

このゲームには色々なバンドが登場します。今回『シュガーソングとビターステップ』をカバーしてくれるのは彼女たちです。

ハロー、ハッピーワールド

パッと見た印象だと『UNISON SQUARE GARDEN』というよりも『セカイノオワリ』に近いですね。ほら、変なDJがいるところなんてそっくりでしょ!

一体どんなアレンジになるのか楽しみですね。僕は原曲にだいぶ寄せてくると予想します。あなたはどんな感じになると思いますか?

実際にプレイできたので、感想を書きました。予想どうりかなり原曲に近いアレンジになっています。

関連記事

またUNISON SQUARE GARDENについてもっと知りたいって方は、こちらの参考にしてください。

関連記事
Pocket