Warning: include_once(/home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/advanced-cache.php on line 20

Warning: include_once(): Failed opening '/home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.') in /home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/advanced-cache.php on line 20
『五等分の花嫁』ついに三玖が風太郎にチュー!彼女が本当にやりたかった事とは??? | ごらくライブラリ

『五等分の花嫁』ついに三玖が風太郎にチュー!彼女が本当にやりたかった事とは???

注意
この記事には週刊少年マガジン掲載分の『五等分の花嫁』のネタバレを含みます。

今回は学園祭三玖編の第2回です。

今回は三玖がクラス全員が仲良くしたいと言う意思をクラスメイトに伝えました。

前回も書いたように以前の彼女ならば考えられないような行動でしたね、成長したなぁと感慨深い想いになってきます。

そんな三玖編はなんだか今回では終わらないような予感がします。

一体次回はどのような話の流れになるのでしょうか?

今回の感想

クラスの男女はバラバラ状態

  • 二乃の提案したたこ焼き
  • 三玖の提案したパンケーキ

風太郎たちのクラスはこれらのどちらかを出し物にするか揉めてしまいましたね。

結局男子と女子は話し合いが付かず、バラバラに出店してしまうことになりました。

三玖がパンケーキを提案したのは、単純に自分がそれを出店したかったからです。

クラスをバラバラにしようと思ったつもりはありません。

あくまでもクラス全員で最後の学園祭を楽しみつつ、なおかつ自分の思い出が詰まったパンケーキを食べれたらな、と思っていたに違いありません。

そして三玖がクラスは一つに!!

クラスはそんな感じでバラバラになっていた状態ですが、三玖がついにしびれを切らします。

喧嘩している男子と女子の間に無理やり入り「みんなで仲良く学園祭を楽しみたい」と言う自分の意見を伝えます。

これはリーダー格の人間にしかできないような行為。

三玖の我慢していたこととは?二乃の立ち振る舞い方などを見ているうちになんとなくその考え方が写ってしまったのでしょう。

ぐいぐい行くと言う他の姉妹の能力を吸収してますます強くなっていく三玖、強すぎるw

なろう系の主人公もびっくりですわw

クラス行事における男女の溝はなかなか埋まらないものです。

特に合唱コンクールの時なんかをイメージしてもらえば、その深すぎる溝について理解することができるでしょう。

女子は真面目に取り組むことでコンクール上位を狙いたいと思っている人が多かったと思います。

一方で男子は、合唱の練習なんてだるいので、真面目に取り組んでいる人は少なかったでしょう。

このように学校行事にて男女が理解し合うのは難しいのですよね。

特に一度関係が崩壊してしまえば、それが元に戻るのは難しいでしょう。

やはり最初三玖が考慮していたように、卒寮するまでずっと仲が悪いままだということも十二分に考えられます。

そんな状態の中で、崩壊しかけていた男女の仲を取り持った三玖はすごいですね。

そのためには他のクラスメイトの信頼も得なければいけないと思います。

おそらく学園祭での三玖の頑張りをクラスメイト全員が見ていたからこそ。今回クラスメイトたちは和解できたと思います。

三玖にはキス以上にやりたいことが…

無事に風太郎にチューをすることを成功した三玖でしたが、まだ彼に対してやりたいことがあったようです。

キス以上のやりたい事…

あれしかないでしょう。

修学旅行編のパンのリベンジ!

三玖は修学旅行編にて風太郎にパンを作って食べてもらったのですが、味音痴の風太郎ではその味はあまりわからなく微妙なものでした。

また風太郎はお母さんにパンを作ってもらったことがあったようです。

彼はその時食べた三玖のパンを食べたことにより、幼かった頃の記憶を思い出しました。

と言うわけで、もう一度三玖は風太郎に自分の作ったパンを食べてもらいたいと考えていると思います。

パンではなく、今回学園祭で出すパンケーキかもしれませんが、何かしらの食べ物である可能性が十分高いと思います。

MEMO
  1. クラスは三玖のおかげでひとつに!
  2. 三玖が風太郎にしたい事とはなんだ?

気になる点

結局入院したのは誰だったのか?

結局病院に入院したのは三玖だったのでしょうか?

学園祭編一花編と二乃編では、ヒロインの誰かが入院していたことが描かれていました。

前回にて三玖が男子の屋台が火災したのが原因で倒れてしまったので、そのヒロインが三玖だと思っていました。

しかし本当に倒れたヒロインが三玖であれば、入院しているような描写がないのは不自然ですね。

もし三玖が入院しているのであれば、病室の中でイベントが発生することになるはずです。

と言うことで、入院したヒロインが三玖ではない可能性も考えられます。

では誰が入院したのでしょうか?五月?四葉?

五月の涙

今回パンケーキを食べた時の五月の涙も意味深長です。

マルオは三玖のパンケーキを食べたのですが、その味は彼女たちの母・零奈が作ったものにそっくりでした。

五月の涙の理由は、パンケーキを食べたことにより母との思い出を思い出したと考えたのが妥当でしょう。

  • 小さい頃はお母さんにべったり
  • 母と同じ教師の仕事に就こうとしている
  • 偽名として母の名前・零奈を使う

五月は姉妹の中で最も母のことが好きでした。

彼女という人間を語るには、もう零奈という人間を語らずして避けられないでしょう。

学園祭の五月編は、母である零奈が大きく関わってくるのは、ほぼ確定かと。

問題は

  • 彼女が京都の生徒手帳の写真の女の子であることをバラすのか
  • イベントが起こる場所はどこになるのか

でしょうか。

現在の五月を語るにあたり母と同じぐらい避けて通れないのは、彼女が京都の生徒手帳の写真の女の子四葉のふりをしていた事でしょう。

五月は中間試験編にて家庭教師の仕事がうまくいっていない風太郎の前に、彼女が京都の生徒手帳の写真の女の子四葉のふりをして突如現れました。

その時は母の名前をとって「零奈」と名乗っていましたね。

またイベントが起こる場所は

  • 風太郎と零奈として初めてあった池
  • 病院
  • もしくはその両方

ですね。

池は二人が一緒の時を過ごした場所として、語らずにはいられない場所でしょう。

病院は五月の母が入院していた場所であり、五月が亡くなる直前まで一緒の時間を過ごした、ある意味では思い出が詰まった場所であります。

また池と病院には、実際にモデルになった場所があるのですが、その距離はあまり離れていません。

もしかすると、学園祭の五月編は校舎の中ではなく、池と病院の中で行われる可能性が高いと思います。

そして五月はそこで、母との思い出と、自身が京都の生徒手帳の写真の女の子四葉のふりをしていたことを語るのではないかと予想しています。

MEMO
  1. 入院したヒロインは誰だったのか
  2. 五月の涙の詳細がきになる
  3. 学園祭の五月編の舞台はどこだ?

最後に

まとめ
  1. 三玖がやりたかった事とは?
  2. 五月編の舞台が気になる

学園祭編も残り半分くらいでしょうか?

ヒロインたちがチューとしたことにより、いよいよラストが見えてきたなと思わずに入られませんね。

風太郎と将来結ばれるヒロインは、家族旅行編のラストにて一回チューをしています。

おそらく風太郎は、その時のキスと比較することで、謎のキスしたヒロインの正体を暴くでしょう。

さて、風太郎と結婚するヒロインは誰になるのでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。