Warning: include_once(/home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/advanced-cache.php on line 20

Warning: include_once(): Failed opening '/home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-phase1.php' for inclusion (include_path='.') in /home/blogshiror/goraku-library.net/public_html/wp-content/advanced-cache.php on line 20
『五等分の花嫁』学園祭にて三玖が陽キャ化!?彼女の成長は止まることを知らないっ!! | ごらくライブラリ

『五等分の花嫁』学園祭にて三玖が陽キャ化!?彼女の成長は止まることを知らないっ!!

注意
この記事には週刊少年マガジン掲載分の『五等分の花嫁』のネタバレを含みます。

というわけで学園祭の三玖編です。

これまで一花編、二乃編とやってきた訳ですが、二人とも風太郎とチューをしちゃった訳です。

なので三玖も当然風太郎とチューをすることになるのですが、その過程が気になりますね。

三玖は消極的なヒロインであり、本来であれば自分からチューをすることなんてないはずです。

そう思っていた時期が私にもありました。

今回三玖は学園祭でパンケーキを作るリーダー格になったことにより、陽キャ化。

以前のようにおとなしい感じですが、クラスの女子たちと完全に同化しています。

これは陽キャですわw

というわけで三玖も作中の出来事を通じて、インキャから陽キャに変わってしまいました。

それが良いことかどうかは知らないけれども、三玖自身の人生が豊かになっている感じがするので、良いことなのでしょう。

というかヤングジャンプの『かぐや様が告らせたい』のインキャの男子・石上くんもインキャから陽キャにクラスチェンジしています。

最近の漫画はインキャを陽キャ化するのが流行っているのでしょうか???

まあ確かに我々インキャからしたら、陽キャの方々は雲の上にいるような存在。

なんやかんやでバカにしたくなる時がありますが、それってやっぱり陽キャに嫉妬しているからなんですよね…。かなしぃ。

前がたりが長くなってしまいましたが、学園祭三玖編の第1話の感想の方を書いていきます。

三玖、陽キャ化

先ほども述べたように、三玖は陽キャに転身します。

彼女といえば『五等分の花嫁』の中では『隠』を司っているイメージが強かったですよね。

  • 独特の『隠』のオーラ
  • 綾波系や長門系のヒロインのようなミステリアスな感じ
  • そして戦国武将オタクという必殺の属性

初期の頃はこれらの属性を駆使して、本作の読者の心を奪っていき、ナンバーワンヒロインの座につきました。

やっぱり我々はミステリアスな女の子が好きですからね。

そんな強力な属性を持っていた三玖ですが、ひとつ大きな弱点が存在していました。

それは…

恥ずかしがりな性格上、風太郎に対してアタックできないということですね!

はい。

どんな優れた武器を持っていたとしても、それを持つ本人が戦う気出ないとその実力を出すことが出来ません。

『Fate』のギルガメッシュが〇ルートであっさり退場したのも、彼が本気を出そうとしなかったからでした。

初期の三玖はこれだけ優れた属性を持っていたのに、何ひとつ活かせなかったのです。

そんな彼女も修学旅行での一花との戦闘を経て、慢心…ではなく恥ずかしがりな心を捨てて、風太郎へ告白することに成功していました。

この時は三玖というヒロインの成長に感動しましたね。感慨深い。

しかし風太郎に告白しただけでは、隠が陽に転じたとは言い切れませんよね。

陽キャの方々は、クラスのメンバーと「ウェイw」することを楽しみとしています。

インキャはその「ウェイw」についてこれないからインキャであり、その「ウェイw」を遠目で眺めるしかありません。

「ウェイw」している集団に入り、それを楽しもうとする心を持った時、インキャは陽キャへクラスチェンジをすることができるのです。

三玖が目指す「ウェイw」とは

今回風太郎のクラスの女子がパンケーキを作りたいと言ったのは、三玖がそれを提案したからです。

五つ子姉妹にとってパンケーキは、亡き母との思い出がたくさん詰まった特別な料理。

母である零奈が存命だった頃、作ってもらっていたようで、姉妹たちはとても美味しそうに食べていました。

三玖はパンケーキを作りたいと思ったのは、そういう過去があったからなのですね。

  • パンケーキ派の女子
  • たこ焼き派の男子

ただこれがきっかけでクラスの男子と女子が決別してしまい、別々に出店することになってしまいました。

このままでは男女がバラバラになってしまい、文化祭が最高のものではなくなってしまうと思って、男子と仲良くするようにするのです。

これって、すごくないですか?

先ほども述べたように三玖は引っ込み思案であり、昔の彼女だったらこんなことをしなかったと思います。

しかし今回にて今までではやらないようなことをやっている彼女の姿を見て、なんだか「成長したなぁ」と思わずにはいられなくなってきますね。

炎上。そして戦闘不能

三玖の頑張りにより、男子は女子と仲良くしても良いと思い始めます。

クラスの仲が戻りそうになった瞬間でしたね。

しかし現実はうまくはいきません。

男子チームが運営していたたこ焼きの屋台は火災の事故によって炎上してしまいます。

(男子チームはガスの威力を高く設定していたようなので、おそらくそれが原因かと思います。)

そのせいでたこ焼きの出店が停止してしまいました。

三玖はそのことがショックだったのと、今までの疲労が溜まったせいでぶっ倒れてしまいます。

これからの展開を予想

三玖と風太郎は病院でキスイベントが発生か?

これらの話の流れからすると、三玖のキスイベントは病院の中で発生する可能性が高そうですね。

風太郎の母は幼い頃に他界しています。

その死因は不明ですが、もしかすると何かしらの病気になっていたりした可能性も考えられます。

また三玖たち五つ子姉妹の母は病気であり、マルオの病院に入院していました。

そのように考えると、病院は二人を繋ぐ共通点になるようよな場所になってくるのです。

(まあ、これは他の姉妹たちにも言えるような話ですが。)

ベットで寝ている三玖の姿を見て、風太郎母は存命だった頃の思い出を話す、という展開になるかもしれませんね。

もし本当にそのような話の流れになるとしたら、風太郎と三玖を繋ぐ要素は「母に対する思い」でしょうか?

たこ焼き屋の炎上は四葉も関わっている可能性が高い

今回炎上したせいで出店禁止となった風太郎たちのクラスのたこ焼き屋さん、

もしかするとこの件に四葉が関わっているかもしれません。

こんな風に書くと「いやいや四葉が火災を起こすようなことをするはずはないだろ!」とコメント欄に書かれてしまい、うちのブログが炎上するかもしれません。

もちろん私も四葉が自分から火災を起こすような真似はしないと思います。

ではなぜ四葉と火災が結びつくのでしょうか。

それは彼女が学園祭の実行委員をしているからでしょう。

四葉は他の人のためになるのであれば、自分の労力を惜しまない優しい人間です。

その優しさ上に空回りしてしまい、自分のキャパシティを大きくオーバーしてしまうことが多々ありました。

中学時代も他の姉妹のお手本になるという目標を掲げて努力したものの、結局その夢はかなわなく、転校してしまうことになりました。

今回の文化祭も実行委員の他に、演劇部の手伝いなどの仕事も引き受けてしまっています。

もちろん彼女のことなので、この他にもたくさんの仕事を引き受けてしまっているはずです。

というわけで学園祭の四葉、キャパシティがオーバーしてしまい、パニック状態になっていると思います。

パニック状態になってしまうと、仕事が雑になってしまいミスが多くなってしまいます。

夏休みの宿題のことを思い出してみて下さい。

最終日付近で多くの課題が残っていた時、非常に焦ってしまい、どうしても雑になってしまいますよね。

それと同じような状態が四葉にも起こってしまっているはずです。

なのでクラスの出し物の設備チェックをした時にも、チェックをしていなかった箇所があり、それが原因で火災が起きたのかなと思いました。

四葉は中学校の頃に夢に向かって努力をするも、報われなかったという過去があります。

そんな風に考えると、学園祭の四葉編は、彼女の過去の思い出と大きく関わってくることになるでしょう。

風太郎を殴ったのは誰だ?

今回の話にて風太郎の頬には誰かに殴られたような跡がありました。

このコマは屋台が炎上した後のもの。流石に教員が殴るはずがないので、本作の主要キャラが殴ったことになるでしょう。

『五等分の花嫁』は主人公の風太郎とヒロインの五つ子姉妹を除くと

  • 妹・らいは
  • 五つ子父・マルオ
  • 風太郎の父

ぐらいしか主要キャラがいませんですし、この3人も風太郎を殴るとは思えません。

やっぱり、風太郎を殴るとしたら五つ子姉妹の誰かでしょう。

  • 一花→文化祭ストーリー終了
  • 二乃→同上
  • 三玖→病院のベットの上
  • 四葉→?
  • 五月→?

殴る相手といえば四葉か五月でしょうか?

と言ってもこの二人が風太郎を殴っている姿が全く想像できません。

強いて言うならこんな感じでしょうか?

  • 四葉→自分の過去に触れるようなことを言われて激怒する
  • 五月→風太郎が優柔不断過ぎたのでキレる

うーん。

いまいちパッとしません。

最後に

というわけで学園祭の三玖編の感想を書いていきました。

本作で一番人気のヒロインである三玖ですが、風太郎と結ばれることができるのでしょうか?

やはりその答えは次回の「キッス」の出来にかかっているでしょう。

もし三玖の初めてのキッスがパンケーキみたいにあまあまでトロトロだったら、風太郎くんは三玖に惚れてしまうまもしれませんね。

また三玖は家族旅行編で風太郎へキスしたヒロインであれば、風太郎はキスしたことにより、その思い出を思い出して惚れるかもしれません。

本作では家族旅行編にて風太郎とキッスしたヒロインが、彼と結婚することが決まっている。

というか冷静に考えたら。ファーストキッスから将来結婚するヒロインを予想する漫画って、どんな漫画なんだ???

その相手が「誰だかわからない」のが本作の面白みでありますが、キッスの味からその相手が分かるという可能性を考えると、なんだかドキドキします。私も姉妹の誰かとキッスがしたい。

ツイッターにこんな風に書いたが、アレは嘘だ。

ごめんなさい。

最近色々と忙しくて気力も時間もカツカツです。五つ子姉妹のキッスがあれば体力が回復するんですねどね(笑)

3次元に生まれたこのブログの管理人は、時代の”敗北者”じゃケェ!!

陽キャにならなくても良いですから、2次元に入りたいと思った今日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。