Pocket

IMG 1942

古橋文乃のターンが始まった。

彼女は最近まで主人公の親友ポジションに収まってしまい、メインヒロインとしての自覚がなくなってましたが、

今回より再びヒロインとして大復活しました。

要するに恋する乙女は美しい。

問39.「天才の目に天の光はすべて[x]である」のあらすじ

前回のラスト、成幸は終電を逃してしまい駅のホームで待ちぼうけを食らってました。
文乃も成幸と同じように終電に乗れなくて途方に暮れていました

彼らが今いる場所は住んでいる街まで数キロある上に、タクシーも走っていないので、帰るのは困難です

なので二人は偶然見つけた旅館へ泊まることになりました

▼前回の詳しい内容はこちらの記事でチェック!▼

関連記事

なぜ文乃は終電を逃したの?

うるかとはぐれてから、一人でたこ焼きを食べながら、星空を眺めていたら、終電ギリギリの時間になってしまいました。

あわてて駅に向かいましたが、その道中に迷子になった子供と遭遇しまいました。それで仕方がなく親を探していたのが原因です。

成幸も同じように子供の親を探して終電を逃してしまいました。同じような理由ですね

「姉弟ですから!!」

IMG 1943
あっなぁんだそうなの (棒)

ここへ来て文乃に「お姉ちゃん」属性が追加です。

二人とも”黒髪”という共通点があるので、姉弟と言われてもギリ許容圏内です

しかし成幸の方が面倒見がよく、文乃の方が妹に見えるのですが気のせいでしょうか。

物語は、お馴染みのお布団イベントへ!

IMG 1944
はい!来ました!安っぽいイベントですね。 (褒め言葉)

何事も昔から愛されるものには理由があります。普通こんな状況になったらドキドキして眠れませんよ!羨ましい。

もちろん少年誌だから変なイベントは無いとわかっていても、今回はマジでドキドキが止まりませんでした 。 (語彙力どこへ行った。)

ですが当の成幸本人は「こんなことなら勉強道具持ってくるんだった…」とかバカなことをほざいています。

普通なら女の子と二人きりで勉強に集中できるわけがありません。

彼は普段美女に囲まれた学園生活をしているので、ここらへんの感覚がだいぶ鈍っているようです

文乃さん、夢を語る

一緒に布団にくるまりながら星を見ている時に、本の話が出て来ました。

その本のタイトルは「天の光はすべての星

57歳のおじさんが失った夢をもう一度追いかける話です。
その本の話と一緒に、自分がどれだけ星のことが好きなのかを一生懸命語ります

成幸が本当にやりたいこと。

文乃に限らず、ヒロインたちは明確な目標を持ちながら勉強しています。

それに比べて成幸は「家族を養う」という目的があるものの、将来どのようなことをやりたいのかというビジョンが見えていません
なので成幸は夢に向かって一直線に頑張るヒロインたちを尊敬しているのです。

そして古橋文乃は復活した!

IMG 1946

文乃は成幸の手を握ったことで、亡くなったお母さんを思い出します。

そしてこの表情です。

我ここに宣言する!!

今、古橋文乃は失われたヒロインの座を取り戻した!!

以前「メインヒロインを落とされた」とか書いてしまって申し訳有りません。

がんばれ文乃!お前がナンバーワンだ!!

 

まとめ

今回は古橋文乃がメインヒロインとして大復活した回でした

彼女が成幸に恋心を持ち始めた今、作中の恋愛模様はどのように変化していくのでしょうか?

また、成幸は自分自身の目標を見つけることができるのでしょうか。ヒロインたちと一緒に成長していく主人公にも目が離せません

おら、ワクワクして来たぞ!

▼そんな文乃さんの不遇な理由ぷりをネタにした記事はこちら▼


合わせて読みたい

Pocket