四宮かぐや様はお可愛いのでプロフィールと謎をまとめてみた【かぐや様は告らせたい】

今回は『かぐや様は告らせたい』のヒロインかつ、もう一人の主人公である”四宮かぐや”のプロフィールについてまとめていきたいと思います。

かぐや様が育った環境や過去ついては断片的にしか述べられておらず、メインヒロインなのに謎が多すぎる人物です

本作は恋愛頭脳戦を楽しむマンガですが、水面下で動く謎の数々も魅力の一つだと思います。

ネタバレありです。

四宮かぐやのプロフィール

あらゆる分野で優秀な成績を残した天才

かぐや様は学業、芸術、武芸において優秀な成績を残しており、あらゆる分野で金賞など優秀な賞を総ナメしています。

特に学業においては非常に優秀で、毎回学園二位の成績を残しています。一位はもう一人の主人公である”白銀御幸”なので実質一位だと言ってよいでしょう。

恋する乙女

もう一人の主人公”白銀御幸”のことが気になっており「向こうが告白するのなら付き合ってやらないことはない」と思っていました。

ですが、時間と共に考え方が変化して、いまでは完全に御幸に恋い焦がれる乙女になっています。

彼女は恋愛経験がないので御幸と話すとドキドキしすぎて、優れた頭脳が大暴走を起こしてしまいます。いまでは頭脳戦どころの状態じゃないのです。

かぐや様の暴走する姿を見るのが本作の楽しさであります。

普段はクールに振る舞う

ですが、普段のかぐや様は秀知学園の生徒会副会長として胸を張れるように凛とした姿を見せます。

特に第55話「そして、石上優は目を閉じた①」にて石上会計のことが気に食わない女子が、かぐや様に忠告した時には

私の目を信用できませんか?

と言って毅然とした姿を見せつけます。かぐや様カッコイイ!

実家が超金持ち

かぐや様の実家は”四宮グループ”という財閥で、千を超える子会社を有しており4大財閥の一角として知られています。

もちろん家も大きい上に豪華で、メイドさんや執事が何人もいる上に毎日学校まで高そうな車で送迎してもらっています。うらやましい。

かぐや様の謎

氷のかぐや姫時代

物語開始から半年前までは、誰に対しても冷たい態度をとっていました。そんな彼女を変えたのが御幸との出会いです

かぐや様が明るい性格になったのは、御幸の人柄に触れたからです。しかし性格が変わった当初はまだ惚れていなかったと思います。

物語開始当初は御幸のことを優秀な男として認めていたものの、今ほど好きでなかったと思われます

どのような出来事になったのは不明ですが、きっとその出来事がきっかで御幸のことを好きになっていったのでしょう。

生徒会に入った理由

確か御幸の生徒会が発足したのが御幸が1年生の頃の秋頃です。

舞台となる高校の生徒会は会長のみが選挙で選ばれ 、副会長をはじめとした他の役員は、選挙に当選した生徒会長の指名によって選ばれます

かぐや様が生徒会に入ったのは”氷のかぐや姫”だった頃でした

その頃のかぐや様は御幸のことを非常に嫌っており。普通なら副会長になってくれないはずです。

そんなかぐや様を御幸がどのように副会長の座に収めたのでしょうか。

父との関係

IMG 2008

第36話「四宮かぐやについて①」(4巻)より。

ザックリ書くと、四宮家に生まれたのならば、人を信じるなということですね。

その教育方針のせいで、”氷のかぐや姫”が生まれてしまいました。

彼女の父「四宮雁庵」は4大財閥である「四宮グループ」の総帥として知られています。ちなみに四宮財閥の本邸は京都にあるようです。

その父は娘であるかぐや様に全く関心がなく、小さい頃から「ありがとう」も言われたことがありません。

IMG 2019

くたばれクソ爺

第44話「花火の音は聞こえない 前編」より。

このように、かぐや様の父はかぐや様のことを大切にしていない ので、早坂さんに呟枯れていました。

今の時点では兄がいることが確定しています。母親がどうなっているかは不明です。

かぐや様は四宮家の人間からは疎まれている?

IMG 2016

こちらも第44話「花火の音は聞こえない 前編」より

かぐや様は小さい頃から自分に対しての周りの大人の態度があまり良くないと気がついていたようです。

おそらく高校生になった今でも大人たちの厳しい態度は続いているでしょう。

まとめ

かぐや様は一見裕福そうに見えますが、家族や周りの大人から愛情をもらえずに育てられ、そのせいで冷徹な性格になってしまいました。

そんな彼女を変えたのが御幸で、彼の人柄に触れて、徐々に他の人を愛せるような人間になったんですね。

彼女の家庭問題は一切解決していません。おそらく終盤にかけて重要な課題となってくる でしょう。

べっ、別に、コメント貰えたって、嬉しくもなんともないんだからねっ!!