アニメになってキャラが輝きだした『りゅうおうのおしごと!』4話感想

NewImage 今回もアニメ『りゅうおうのおしごと!』の感想を書いていきましょう!

当たり前ですが、アニメという媒体では、キャラクターに声優さんの声がついて個性が格段に増しています。この4話では特にそのメリットを強く感じました。

映像作品としてキャラクターも動いてるだけでも、死んでしまうほど嬉しいのですが、こうやって新しい個性が追加されてるとすごい感動します。

鬼沢先生はリストラされた

原作小説では鬼沢先生という小説家の家にいき、あいはコマ落ち将棋を指す事になり、その対局で苦戦を強いられます。

このシーンは流石にカットされてしまいましたね。

というもこの先生の職業は”官能小説家”で、家の玄関に謎のキノコの置物や謎のお馬さんなど卑猥なものをたくさんです地上波で放映できるわけありません。カットされて当然でしょう。

アニメ化の恩恵を受けた二人のキャラ

ここでアニメになってさらにキャラが立ったなーっていう二人を紹介したいと思います

夜叉神天衣

一人は今回より登場した竜王の2番弟子”夜叉神天衣”です。

キャラクターボイスの佐倉綾音さんのおかげで、ガキっぽい生意気な可愛さが引き立っており、天衣と言うキャラクターがさらに引き立った感じがします。

天衣とあいは対になっており、天衣は防御中心の”受け将棋”の使い手なのに対し、あいは圧倒的な読みの速度を生かした攻撃的な将棋を差します。イメージカラー天衣が赤なのに対し、あいは青になっていますね

また、今回のラストにて天衣とあいは最悪な状況で出会ってしまいました。まさに修羅場です。

この先、二人の関係がどのようになっていいかも注目ですね 。

パンサー

NewImage

もうひとつの注目人物と言ったら、やはりあの人しかいないでしょう!

大阪の女豹こと”パンサー”さんですね。はい。

最初おっさんみたいな風貌をしていましたが、ラストシーン付近ではおばさんだと判明しました!

この衝撃的な事実アイム驚きで、ふいをつかれて大局で待ってしまいましたね。こればかりは「しょうがない」といってもいいでしょう。

原作だと文章だけなのでイメージがつかなかったですが、アニメで見ると視覚的インパクトが強いので印象に残ってしまいますね。

まとめ

アニメ版は基本的に原作に沿って進んでいきます。ですが、テンポが非常に早く駆け足になっています。原作の重要なシーンカットしなければいいのですが…。

コメント貰えたらとても喜びます。