Pocket

 NewImage 

「キモイマン」タイトルと表紙の女の子がアンバランスで気になったので、ついつい手に取ってしまい、気がついたらそのままレジに直行してしまいました。

本作の感想を一言で表すと……。

あらすじ

“キモ男”と呼ばれ同級生たちにいじめられているオレ、高寺一郎にとっての癒やしは毎朝の通学電車で会う他校の女子高生・小宮美織を観察すること。ある日オレは、小学生の女の子が同級生に万引きを強要されている現場に遭遇。なけなしの勇気を振り絞って助けたその女の子―聖は、熱い尊敬のまなざしでオレを見つめながら言った。「一郎にいちゃん、正義の超人ジャスティスターに変身して!」。この瞬間から、惨めで最高にカッコ悪いオレの戦いの日々が始まったんだ。

いじめ描写がひどく、耐性がない人は読むのを止めた方がいい

読者もドン引きするぐらい主人公がとにかく気持ち悪い男です。

なのでクラスメイトからいじめられているのですが、その描写がとにかく憎い。具体的に書くと、変なモノマネをしている所や、全身裸の姿を撮影されて、その動画をSNSに投稿されたりクラスメイトの見世物にされています。

実際にいじめにあっている人は読むの止めてしまうだろうなぁ……。

昨年話題になった某アニメ映画のいじめシーンとどっこいどっこいの憎さですし、僕が実際に同じような目にあったら100パー学校に行くのを止めていると思います。いくら主人公がキモ男だからといってここまでやるのは良くないです!!

主人公は正義のヒーロー!!ただし……

この主人公はまぎれもない「ヒーロー」です。ただし、変身もしなければパワーアップもしません。ただキモイ男がキモスーツ(自作)を着ているだけでした。

そんなキモくてカッコ悪い主人公も聖(表紙の女の子)に振り回されるうちに、なんやかんやで街の小悪党をやっつけていきます。
ですが、主人公の戦う姿があまりにもカッコ悪い。仮にも「ヒーロー」なんですしもうちょっと頑張って欲しかった。

まぁ普通の高校生が全身タイツを履いてやれることって限られますよね。きもいヒーロと聞くと『変態仮面』を思い浮かべてしまいますが、共通しているのは「キモイ」って所だけでしたw

本当の自分の姿に気が付くまでの物語

こうやって「キモイマン」として活躍しているうちにだんだんと自分が周りからどう思われているかがわかり、自分にしかできないことを見つけて行くわけです。

今までの「キモイ男」のままだったら、主人公は本当のヒーローにはなれませんでした。ヒーローになるためには自分としっかり向き合い、出来る事を精一杯やりきることが必要なんですね。

作中でキモイ主人公はものすごく成長しました。僕はキモ男にはなりたくありませんが、誰かを支えられるようなヒーローになりたいです。

以上!

Pocket