Pocket

マガジンWALKER

いろんな雑誌読み放題サービスをいろいろと調べてみたところ、KADOKAWAが運営する『 マガジンWALKER 』ってサービスが良さげだったので会員登録し、ざっと利用した感想を書いていきます。

[スポンサーリンク]


『マガジンWALKER』の特徴

まず料金などの基本的な情報をまとめて紹介します。

  • 月額500円で利用可能
  • 最初の月は無料で利用できる(毎月1日に利用料発生)
  • PC、スマホ、タブレットで利用可能(ブラウザに接続できるならなんでも良いはずです)
  • 一つのアカウントにつき5台まで同時使用ができる(ブラウザは一台だけ)

使用できる端末の数や月額使用料だけでみたら、他の雑誌読み放題サービズとあまり変わりません。

マンガ雑誌がたくさん読める

他の雑誌読み放題サービスとは違い、マンガ雑誌を多く取り扱っています。
具体的にどんなマンガ雑誌を取り扱っているかと言うと

  • 電撃G’sコミック
  • 電撃萌王
  • 月刊コミックキューン
  • 電撃だいおうじ
  • 電撃大王
  • 電撃マオウ
  • 少年エース
  • 月刊コミックフラッパー
  • ヤングコミック
  • 月刊COMICリュウ
  • ドラゴンエイジ
  • 毒りんごcomic
  • 月刊アクション
  • 月刊コミックビーム

などが挙げられます。

マンガって言っても、『ジャンプ』や『マガジン』のようなメジャーなものはなく、男性向けのキャラ萌え系の作品が多く、アニメなどのサブカルが好きな人向けのサービスって感じです。

そのため、「契約しようかな」と考えている人は、いっかい各雑誌に連載してある作品を確認してみてください。

アニメが好きなら十分元が取れる

聞きなれない名前の雑誌もたくさんあると思いますが、アニメ化された作品や、有名ライトノベルのコミカライズなどもたくさんあり、アニメやサブカルが好きなら、読みたいものが見つからないなんてことはありません。

アニメ化しそうな作品も多くあり、人気が出る前から目をつけることができます。
ただ、残念なことにバックナンバーが2ヶ月分しかなく、作品をすべて読むことはできません。マガジンWALKERでタイトルを知ってから、漫画喫茶に行くなり、レンタルコミックをするなりするのが良いでしょう。

また、他の読み放題サービスにないような、アニメ情報誌のラインナップもよく、雑誌に入っている書き下ろしイラストをながめるだけでも結構楽しめると思います。

マガジンWALKERの悪いところ

雑誌のラインナップが少ない

アニメやマンガ関連以外の雑誌の数がとっても少ないです。

『dマガジン』など、他の雑誌読み放題サービスは100種類以上の雑誌を読めるのに対し、この『マガジンWALKER』は50種類ぐらいしかよめません。

しかも、漫画雑誌以外のレパートリーが極端に少なく、マンガ以外のジャンルだと、ほとんどの場合2.3種類の雑誌しか取り扱っていなく

「雑誌でいろんな情報を仕入れたい」って人には向いていないですね。もう少しラインナップが充実してるといいんですけど……。

さきほども少し述べたように、バックアップも2ヶ月分しか読めなく、普通の雑誌を読みたい人は向いていないです。

アプリから直接読むことができない。

なんと、アプリだけで雑誌を読むことはできませんでした。

雑誌を読むときは、最初に公式ウェブサイトにアクセスし、読みたい雑誌をダウンロードしてからではないと読めません。

スマホアプリは、ウェブサイトからダウンロードした雑誌を保存する為にあるのが、

わざわざウェブサイトにアクセスするのが面倒だと感じてしまうので、アプリ内で完結できるようにして欲しかったです。

こんな人にオススメ

『マガジンWALKER』はアニメなどのサブカルが好きな人にはぴったりだと思いますが、そうでない人にとっては読める雑誌も少ないので、アニメとかが好きじゃないと、コスパの悪い微妙なサービスだと感じてしまいます。

アニメやマンガに強い関心があり、雑誌読み放題サービスに入ろうかなと考えている人は、『dマガジン』などの他のサービスと比較しながら検討してみると良いですよ。

マガジンWALKER マンガ誌も一般誌も人気雑誌が読み放題!

Pocket