Pocket

本当に凄かった

ぼくにとってハリーポッターシリーズは特別です。中学生の頃に原作本『アズカバンの囚人』を見ながら登校したら、作品に熱中しすぎてカバンを家に忘れてきたほどです。
この『ハリーポッター』という作品に出会わなければ小説や映画を好きになることはありませんでした。そんな思い出のあるシリーズの続編と言われたら、見に行かざるを得ませんよね。

そして、今回の「ファンタスティックビースト魔法使いの旅」では期待を超えて、ハリー・ポッターシリーズ世界観を余すことなく表現しいたのはもちろんのこと、「ファンタビ」ならではの面白さが加わり完全オリジナルの「ハリポタ」作品が出来上がりました。

 

[スポンサードリンク]

あらすじ

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いたニュート。ところが、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法生物たちが逃げ出してしまい、魔法生物を禁じているアメリカ合衆国魔法議会のお尋ね者になってしまう。さらに、魔法の根絶を目論む秘密結社・新セーレム救世軍の暗躍で、事態は思わぬ方向へ転がっていく。

引用元:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 : 作品情報 – 映画.com

最先端のCGで表現された魔法動物たち

注目していただきたいのが、最先端の映像技術によって表現された魔法動物たちです。

今まで登場しなかった種が出るのはもちろん、本家では森の中でしか見ることのできなかった魔法動物たちが、いろんな環境でどのように暮らしているかをリアルに表現されています。

 

二つの”共存”というテーマ

本家『ハリーポッター』シリーズでは人間同士の「愛」がテーマとして掲げられており、ハリーと亡くなった両親との絆や、ウィーズリー一家の家族としての暖かさ、ダンブルドア校長のような自分を見守ってる優しい人などが丁寧に描かれれており

見るたびに、両親や周りの人に愛されていないと人間は生きることができないんだなと痛感させられます。

ですが本作のテーマは共存です。

動物たちと人間との共存。

ルートの飼っている魔法動物たちは優しい種類ばかりで、人間が危害を加えない限り向こうから襲ってくることはありません。

ですが、人間にとって自分よりもはるかにデカく力のある生物はとても危険です。

アメリカの魔法省が魔法動物の育成を禁じているように、できるのなら危険な生命体を放し飼いにしてほしくはありません。

現代の人間もできるのなら安全に生きたいので、危険の要因になるようなものはできるだけ排除したいです。

僕も安全を保証されていてもサメの泳いでいるプールに入るなんてことはしたくありません。

魔法動物に限らず、人間と動物が一緒に暮らすのはとても困難だと思います。

魔法使いと非魔法使いとの共存

非魔法使いは古くから魔法使いを恐れており、一時期は「魔女狩り」といって魔法使いを火あぶりに火あぶりにして残酷に殺したようです。

ハリポタでも魔法使いと非魔法使い (マグル)とでは住む世界や通う学校などが異なっていました。

ですが、魔法使いは正体がバレたら戦争などの大問題に発展してしまうので、日常的に魔法を使うことはできず、非常に狭苦しい思いをしならが生活しています。

一応魔法使いと非魔法使いとの共存はできているものの、魔法使いは隠れてコソコソと生きていないといけません。不満も溜まるでしょう。

もちろん杖バトルも進化している‼︎

ハリーポッターと言えば杖による魔法バトルですね。

魔法使いたちが呪文を唱えながら光線を打ち合っているだけなのですが見ていてハラハラドキドキします。ロマンってやつですかね。

もちろん魔法の迫力も進化しており、中盤以降のシーンはでは、まるでユニバやTDLのアトラクションにでも乗っているかのような感覚になります。TVだと音質が激減してしまうのでぜひ劇場で見てほしいです。

魔法動物との戦闘も魅力的

主人公一行の目的は「魔法のトランク」から出ていった魔法動物たちを回収することです。

なのでもちろん魔法動物との戦闘シーンもあります。

そういえば本家ハリポタは「炎のゴブレット」ぐらいまではドラゴンなど巨大な魔法動物との戦闘がありましたが

「不死鳥の騎士団」以降、戦闘は主に魔法使いVS魔法使いばかりでした。

魔法動物との戦闘ではその生き物たちの習性を理解して、彼らの行動パターンを読む必要があります。

もちろん魔法動物相手なので対人戦のようにうまくいきません。動物に杖を奪われるなどファンタビならではのハプニングもあります。

ここで魔法動物に対するルートの博識っぷりが堪能できて、普段おっちょこちょいな彼からは想像できないくらい頼もしい存在となります。

まとめ:ハリポタ好きなら見るべきです!

本作は単体のファンタジー映画としても面白く非常にクオリティが高いです。

ハリポタ好きなら本作の世界観をより深く知り堪能できます。

 

Pocket