Pocket

NewImage

以前から気になっていた電子書籍リーダーKobo Aura ONE (ブラック)を購入しました。

電子書籍ストアはamazonのkinndleが独走状態の中、あえてkoboシリーズを選んだ理由やkindleと何がどう違うのかを中心にしつつ、koboの魅力を色々と紹介したいと思います。では行きましょう。

[スポンサーリンク]


ぼくの電子書籍歴

ぼくが初めて電子書籍リーダーを購入したのは2015年9月12日のことでした。

この時に購入したのはkindle paperweightで、初めて使った時、スマホで読書するよりも画面が大きい上に、目が疲れないのでとても快適な読書ができ、とても感動した覚えがあります。

残念ながら、その年の12月ごろに旅行先で紛失してしまいました。その時には電子ペーパーの読み心地に慣れてしまい、しばらくスマホで読書ができませんでした。

こんなこともあり、新しい電子書籍リーダーがずっと欲しかったのです。

ぼくがkoboを選んだ理由

kindleをとても気に入っていたはずの僕がなぜkoboに乗り換えたのでしょうか。それは電子書籍リーダーでkoboシリーズにしかない利点があったからです。それは

お風呂の中で読書ができる

つまり電子書籍専用デバイスで唯一防水性能を備えているということですね。koboシリーズを選んでいる人の8割ぐらいの人はこの機能で選んでいると思います。

風呂の中での読書は生産性が高い上に、長い間湯船に浸かるので代謝が良くなり健康的なので以前から行っていました。

別にわざわざ使う電子書籍リーダーを変えなくてもiPhone用の防水ケースを使えば良いと思うかもしれません。しかし、こういうケースは以前使ったことがり、取り出し口がめちゃ硬く毎回開けたり閉めたりするのはとても面倒でした。端末をそのまま風呂場に持ち込めるのはとても楽チンです。

電子書籍リーダーを購入することを考えていて、風呂場でも読書をしたいと思っている人には、koboという選択肢もあるということをぜひ覚えておいてください。風呂場で読書ができること以外にも、koboを使うメリットはたくさんあります。また色々と紹介していきますね。

後、koboシリーズ最下位であるKobo Glo HDには防水機能はありませんので間違えて購入しないように注意してくださいね。

以下は防水機能付きのkoboです。

 

 

Pocket