Pocket

前回の最後ページにて、シェルター内部に巨大な武器庫が隠されていることが分かり、非常に良い引きで終わっていました。

今回は武器庫からの武器の選定と、仲間たちとのしばらくの別れのあいさつです。

この武器庫には銃、刃物、盾それに爆弾とありとあらゆる武器が揃っている上に、3人じゃ扱えないほど大量に貯蔵してあるので、鬼の世界を脱出するまでならここにある武器で足りそうですね。

[スポンサーリンク]

二人が選んだ武器は

オジサンは、「生き残れると思う武器を好きに選べ」と言い、どんな武器を持っていけばいいのかについて教えてくれません。

12歳の子供相手に厳しすぎないかと思いましたが、そんなぶっきらぼうな感じがあのオジサンらしさです。

エマはソンジュにもらった弓矢それとナイフ。

弓なら銃とは違い、弾丸が切れて使えなくなる心配はありませんし、ナイフがあればすぐに矢も補充きます。何よりも重さもあまりなく、機動性もあまり落ちません

今回の旅の目的はA08−63に無事たどり着くことなので、作戦は出来る限り鬼に見つからない事です。オジサンはエマたちより13年も前から鬼の世界で戦ったっています。人間が鬼に対して勝機がないのは十分に承知しているはずです。

レイは大きなピストル。

もし鬼に見つかったときに

12歳の子供にっとっては重たいものですが、エマとレイと共用で使うことで、重さによる機動性の低下を緩和でき、なおかつ鬼に対しての最低限の反撃の手段を得ることができます

エマよりも、鬼との対峙した経験のあるレイの方が戦闘慣れをしているので、ピストルを持つのに向いていると思います。

鬼に見つかる事になったら、レイトオジサンが銃で応戦して、エマが退路を考えていくって算段になりそうです。

IMG 1720

あと、レイが持っていくのは銃口が4つのピストルです。

何かなと思って調べてみたら、狩猟用の銃のようです。弾丸を一気に放てることによって、威力を上げています。これからのキーポイントの一つになって来そうです。

今回の話で一番好きなシーン。

IMG 1719

ギルダがあのオジサンに対して強い口調で脅しをかけていました!

彼女は本来すごく弱気な女の子です。グレイス=フィールド編でも、シスターに揺さぶりをかけられただけですごいビビっていましたね。

彼女はエマ達の中で3番手ぐらいの実力です、しかし実際のところエマとの能力の差は大きく開いてます。

最近まで一緒に子供たちの世話をしていたエマが、年下の子たちを引っ張って行います。そんな彼女の姿を目の当たりにして「自分はなんて情けないんだと思い」懺悔の気持ちで一杯になったのでしょう

ですが、彼女がオジサンに放った脅しの一言が、これから旅たつエマの不安を取り除いてくれたに違いありません

「ギルダがこんなしっかりとしているのなら大丈夫だ!」

セリフには書かれていないものの、エマはこんな事を思ったに違いありません!

これから行くのは鬼の生活圏

IMG 1716

エマさん男前!

ギルダも成長していますが、エマだって成長しています。最初期の頃は可愛げがある顔だったのに対し、今では立派に少年漫画の主人公の面構えです。ヒロインの座はギルダに譲ったようです。

これからの目的地であるA08−63は鬼の集落のど真ん中にあるようです。密猟者などの危険がたくさん潜んでいるのは誰でも分かります。無事3人は生きて戻って来れるのでしょうぁ。

鬼の集落に行くのであれば、鬼の生態についても詳しく分かるはずです。

この世界の支配者でありますが、どのように生活しているかなどはあまり詳しく描写されていません。彼らの生態は分からない点が多いので、次の章ではしっかりと描いて欲しいです。

次回はセンターカラーで新章が開幕します。ハウスから脱出した振りの本格的な冒険です。

この章でどれだけ約束のネバーランドという作品の風呂敷が広がるのでしょうか。今からでもワクワク止まりませんね!!

Pocket