Pocket

iPhoneで調べ物をしている時に、目的のサイト以外のページを見てしまう事ってよくありますよね。

スマホの登場により、分からない事を簡単に調べられルようになり、効率よく仕事や勉強を進めれるようになりました。

しかし、インターネットには私たちの集中力を無くさせるような誘惑がたくさんあります。

そのような誘惑を少しでも減らすために、iPhoneで指定したサイトをブロックして見れなくする方法を調べてみました。

有害なサイトや暇つぶしにしか使わないサイトを登録しておけば、無駄な時間がなくなり、効率よく物事を進められるはずです。

具体的な設定方法

ホーム画面から[設定]のアプリを開いて、その中の[一般設定]の項目を押します。両方とも歯車のマークが目印ですね。

IMG 1047

開けたら[機能制限]のボタンを押しましょう。この時「機能制限のパスコード」を求められます。変な設定をしない限り、普段ロック解除に使っている番号で良いはずです。

出来たら、[コンテンツの許可]の項目の中にある[WEBサイト]の項目を押します。

IMG 1048

そうしたら、[アクセスを許可するWebサイト]の項目の真ん中にある[アダルトコンテンツの制限]にチェックを入れます 。

次に、1番下の[常に禁止のWEBサイト追加]ところを押すとブロックしたいサイトのURLを求められます。 この時に見たくないサイトのURLをコピペしましょう。

IMG 1050

基本的に、これで終了です。

ホーム画面からSafariを消す。

ここからは、どうしてもサイトを見たくない人のための設定です。

URLを入力後、Safariで指定したサイトを開いてみると、このような画面になります。

IMG 1051

この状態だと[Webサイトを許可する]というボタンを押すだけで、簡単にロック状態を解除できます。

なのでホーム画面からSafariを消してしまいましょう。

やり方は簡単。先程言ったように[機能制限]の画面を開いて

IMG 1054

1番上の許可の中にあるSafariのスイッチもう消してあげるだけです。Safariをだしたいときは、スイッチを元の状態に戻してあげるだけで大丈夫です。

Safariの代わりは Chromeがオススメ

Safariの代わりのブラウザアプリはGoogleが提供するChromeと言うアプリが最適です。

サイト読み込みなどの動作が早いことはもちろん、ブックマークの同期など、パソコンとの連携もかなり良いです。

ちなみにChromeで指定したサイトを開くと、このような画面になります。

IMG 1053

この設定の注意点

使ってみて気になる所があったので、まとめていきます。

設定を解除するとき

機能制限を解除してしまうと、今までやってきた設定が全て失われてしまいます。なので、もう一度設定し直そうと思ったら、また1から全てやらないといけません。

URLを入力する時

中央にある[常に許可]のところに入力しないでください。

もしここにURLを入力してしまうと文字どうり、アクセスを常に許可することになり、サイトをブロック出来ません。

Safariを消した時

iPhoneの一部の機能やアプリが正常に作動しない場合があります。

具体的に書くと、純正アプリの『メッセージ』を利用している時、リンクが正常に機能しません。

SafariはiPhoneの根幹をなすアプリのようです。消してから不具合が多発して正常に使えなくなるようでしたら、Safariを元の状態に戻したほうが賢明です。

Pocket