Comee mag.にて公式ライターとして記事を執筆中!

【ぼく勉】文乃エンドと理珠エンドの可能性がほぼゼロになった件

 

IMG 2543今週のジャンプ『ぼくたちは勉強ができない』は個人的に超衝撃的な展開でした。

日の丸VS蜻蛉切の決着や、ユノを始めとしたロイアルナイツのメンバーが○○るぐらいヤバかったですね。

なんと今週のジャンプにて、文乃エンドと理珠エンドの可能性がゼロになってしまいました。今回はその解説と考察を行なっていきたいと思います。

愛しているゲームの結果

まずは今回にて行われた”愛しているゲーム”の概要を振り返ってみましょう。

  1. 片方が「愛している」という
  2. その後、もう片方が「もう一回」という
  3. 1.2を繰り返して、照れた方が負け

なんかルールだけ見ていると『かぐや様は告らせたい』だとか『からかい上手の高木さん』に出てきそうなゲームですね。

VSあしゅみー先輩

IMG 2541

今回の冒頭でバトルしたものの、成幸の顔が一瞬で赤くなってしまい、敗北してしまいました。あしゅみー先輩は小慣れている感がありますね。

成幸の負け

VS理珠りん

IMG 2539

持ち前のポーカーフェイスで大森くんを撃退して強キャラオーラを見せつけますが、大好きな成幸の前では「愛している」とうまく言えなくて敗北。

ジャンプ作品においては最初にバトルした見方が咬ませになり負けるのは往々にしてあることです。

成幸の勝利

VS文乃

IMG 2540

普通にバトルしようと思うも、成幸のことが好きな親友二人の前では冗談でも「愛している」とは言えずギブアップしました。

その次のシーンで文乃は胃痛になってしまいましたね。コミックス2巻あたりの文乃は終始こんな感じでした。なつかしぃ。

成幸の勝ち

VSうるか

IMG 2542

成幸は冗談でも「愛している」を言えませんでした。つまりは…。成幸はうるかを明確に異性として意識しているということだと思います。

うるかは成幸のことが好きなので、もし成幸が「愛している」と言ってたら速攻で負ける気でしたね。

成幸の負け

結果を振り替える

成幸が勝った相手は

  • 文乃
  • 理珠りん

一方で負けた相手は

  • うるか
  • あしゅみー先輩 となっています

さらに言うと負けた二人には思いっきり顔を赤くしていたのに対し、勝った二人には普段と同じような顔をしていました。

今回の”愛しているゲーム回”は成幸とヒロインたちとの恋愛関係が上手く描写された神回だと言えるでしょう。

そして最後に真冬先生の一言

うるかは中学時代からの連れで作品が始まる前からの知り合いで、あしゅみー先輩は塾での先輩として出会いました。

どう考えたって成幸は”愛しているゲーム”で負けた二人を”生徒”としては見れないのです。

一方で成幸が”愛しているゲーム”で勝った文乃と理珠りんは、教育係として出会ったことで交流を始めています。成幸は二人を自分の生徒としてみているって感じですね。

それを踏まえて今回の真冬先生の一言を振り返ってみましょう。

 

IMG 2538

要するに生徒と教師が恋人になるのは冗談でもありえない事なのです。

もう一度言うと

生徒と教師が恋人になるのはありえない

中には生徒と教師が恋人になる禁断の関係を描いた作品も存在するのも事実です。

ですがそのような作品ははじめから主人公かヒロインのどちらかが片思いしているのが普通です。天才コンビと成幸との出会いは最悪で恋なんてしている気はありませんでした。

それに今回にて成幸と天才コンビはあくまで教師と生徒との関係というのが明確に描写されています。

つまりは文乃エンドと理珠りんエンドの可能性はほぼ完全に閉ざされたと考えます。

まとめ

最近ヒロイン全員が出る回が多いのは人気投票の結果が公平になるようにするためだと思っています。本作においてヒロイン全員が出る回はなんらかの意図がある場合が多いです。

そういえば本作が初めて巻頭カラーをもらった時は夏祭りでヒロインが大集合する話でした。

その次の回にて文乃が主人公の親友ポジを脱却してメインヒロインに返り咲きました。この回はツイッターでも結構話題になり、本作が圧倒的な支持を獲得したキッカケだと認識しています。

そして、人気投票の締め切りが終わってしまった今、”愛しているゲーム回”存在する理由とはなんなのでしょうか?

今回は次号のジャンプ以降の修羅場的な展開の前振りでしかないと考えました。

あなたはどう考えますか?コメントいただけると嬉しいです。

4 Comments

匿名

まだ文乃さんエンドゼロじゃねえよ

まだ色々とイベント残してるから巻き返しが一番強えよ

俺は諦めん

量産型01号

コメントありがとうございます。
文乃には親父の謎など色々と伏線がある上に、片方の親が亡くなっているなど成幸との共通点も多いです。
これからの活躍に期待ですね。

尾長 目仁奈

確かにこの回、現状の登場人物同士の関係を分かり易く示しているなあ、と思いましたが……
「教師と生徒の間で、そんな関係になる事は有り得ない」という事は……志望校に合格して、卒業して…『教師と生徒の関係』で無くなれば、まだ全員にチャンスが残されている!……のかな?
文乃っちだけでなく、ヒロインみんなの泣き顔なんて見たくない!ですヨ。
もうぶっちゃけマジでハーレムエンド希望!ですヨ。

ん?そう言えば、水希ちゃんは今でも『教師と生徒』じゃないし、うるかよりも前から唯我君の事が好きだっただろうし……水希ちゃんエンド?(笑)

量産型01号

コメントありがとうございます!
尾長 目仁奈さんの
「志望校に合格して、卒業して…『教師と生徒の関係』で無くなれば、
まだ全員にチャンスが残されている!」

というアイディアは盲点でした!確かにそう考えると文乃と理珠りんにもまだチャンスがある気がします。
ですがそれだと「大学編」をやる必要があり、引き伸ばしの心配があるのが不安です…。
やっぱりハーレムエンドにするか、「ぼく勉ポータブル」みたいなゲームを出してもらって
全ヒロインのルートを作ってもらうしかないですね!
なんなら『マジカルパティシエ〇〇ちゃん』みたいなスピンオフでも全然大丈夫です。
要するに、僕もヒロインの泣き顔が見たくないので、全員に幸せになってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。