Pocket

五等分の花嫁の2巻が発売されました。いえーい!

この巻にて五つ子姉妹の謎が少し掘り下げられて、以前よりは五つ子達がどのような状態になっているかが分かっていきました。

ですが、まだ五月達には謎が多く隠されているのは事実。そこで今回は『五等分の花嫁』のヒロインである五つ子姉妹と中野家の謎や疑問点についてまとめてみたいと思います。

風太郎と昔出会っていたのは誰なの?

風太郎は小学校時代の修学旅行にて、五つ子の誰かと出会っていたようです。

風太郎にとっては大切な思い出のようで、彼は成長した五つ子の誰かと出会うために勉強を頑張ってきました。

IMG 2187

第14話「始まりの写真」 (2巻)より。小学校時代の五つ子達は顔はもちろん、髪型も服も全く同じなので、だれがだれだか全く見分けがつきません

二乃は小学校の頃の風太郎の写真を見ても見覚えがなさそうな感じだったので、昔風太郎と出会っていたのは二乃ではないと思いますが…。真相はどうなのでしょうか?

五つ子姉妹が風太郎の学校に転校した理由

五月達は前に在籍していた”黒薔薇女子”という学校から風太郎の通う学校に転校して来ました。

その”黒薔薇女子”はお嬢様学校として知られていて、学園のレベルが高いのはもちろん、校風も厳しいようです。

表向きには「学力が足りない」事を転校の理由にしていましたが、五つ子姉妹は”黒薔薇女子”で問題を起こしてたようです。実際の転校理由は五つ子姉妹が起こした”問題事”が原因 なのかもしれません。

姉妹仲が悪くなった原因

IMG 2179

一花「私たち 昔は仲良し五姉妹だったじゃん

第6話「扉をあけて」 (2巻)より。五つ子たちは今は喧嘩をしているのですが、昔はとても仲が良かったようです。

特に二乃と三玖の仲は最悪 で、風太郎の事など何か問題がある度に意見が食い違い、喧嘩しています。

二乃は家族全員のことが好きで、本当は三玖とも仲良くしたいと思っていますが、三玖は二乃のことを心の底からどうでも良いと思ってそうです。

中野家の内情を知るたびに、家族の同士それぞれ一定の距離を置いていることがわかり、姉妹の中がそれほど良くない 事を痛感させられます。

おそらく何らかの事件があり、それが原因で家族の距離が離れていったのでしょう。

お母さんについて

先ほど”姉妹の中は良くない”と書きまいしたが、彼女達はみんな、五人一緒にいることに拘っています。

IMG 2186

誰かの失敗は五人で乗り越えること 誰かの成功は五人で分かち合うこと

第12話「今日はお休み⑥」 (2巻)より。これは亡くなったお母さんの遺言のようなものです。

生前のお母さんとどのようなやり取りがあったかは不明。なんやかんや姉妹全員が五人でいることに意味があると感じていることから、お母さんは姉妹達にとって憧れの存在でもあるのじゃないかと感じます。

特に二乃はお母さんの遺志を尊重しているように感じます。他の姉妹たちが自由奔放なのも、二乃がサポートに回ったり、他の誰よりも家族を大切にしているからなのです。

五つ子父と風太郎の父との関係

風太郎が五つ子姉妹の家庭教師のバイトを始めたきっかけは、彼の親父が家庭教師の仕事をゲットしてくれたから です。

家庭教師は娘達の将来に関わる重要な仕事です。中野家はとてもお金持ちのため、やろうと思えば娘達の学力に合わせた最高の教育を受けさせることも可能 のはずです。

そんな重要な仕事をただの他人に任せることはないと思います。五つ子父と風太郎父の関係がもっと知りたいです。

まとめ

現時点での大きな疑問点は

  • 姉妹の転校理由 
  • 仲が悪くなった原因 
  • 昔風太郎に出会ったのは誰なのか 
  • 両親

の4点ですね。

物語はまだ始まったばかりです。これからキャラを掘り下げながらゆっくりと伏線回収をして行くのでしょう。

『五等分の花嫁』のこれからの展開に期待大です。

▼関連記事▼

合わせて読みたい

 

Pocket