【ブルーロック】二次選考3rdステージ”奪敵決戦(ライバルリー・バトル)”が開幕!

糸師凛と愉快な仲間たち

注意
この記事には週刊少年マガジン掲載分の『ブルーロック』のネタバレを含みます。

今回は二次選考3rdステージ「奪敵決戦(ライバルリー・バトル)」のルールの解説と、本作最大のライバルになるであろう糸師凛の説明が中心でした。

奪敵決戦は倒したチームから1人をスカウトすると言う斬新なバトル。

そのコンセプト自体が面白く、ワクワクするものであり、試合が始まったときの緊張感やハラハラ感を想像するだけ面白いです。

また糸師凛は天才的ミッドフィルダー糸師冴との関係性が示唆されていたのですが、そのその関係がおぼろげながら見えてきました。

サードステージも選手同士がエゴとエゴをぶつけ合う、ブルーロックらしい熱くそしてハラハラした展開になりそうですね。

二次選考3rdステージ「奪敵決戦」のルールや試合の流れ

3人1組のチームを作る

「BLUEKOCKMANシステム」をクリアした選手たちは1stステージクリア者集合エリアに集められ、その中から3人1組のチームを作る

今後の勝敗を左右するので超重要

3rdステージマッチングエリアに行き対戦チームを決める

3人1組のチームを作ったら、3rdステージマッチングエリアという場所に移動する

そこにて奪敵決戦にて戦う相手を選び、ミニゲームを行う

どのチームと戦うかは自由だが、両チームが合意した場合のみでしか試合を行うことができない

基本的には戦いたい相手や、仲間にしたい相手がいるチームと戦うことになる

奪敵決戦がキックオフ

マッチングしたチームはミニゲーム形式のシュチュエイション戦を行う

5点選手したチームの勝利とする

ゴールキーパーは世界トップクラスのキーパーのデータを集結させた人工知能プログラム「BLUEKOCKMAN」を採用しているため、得点を得るのは困難

勝利したチームは敵チームから選手を奪取する

勝利したチームは敵チームから1人を選択し、その選手を奪って新しい4人のチームを作る

また負けてしまったチームはメンバーが減る上に、前のステージに逆戻りしなければいけない

2stの2対2の勝負に負けて、敵チームに選ばれず1人になってしまった選手は青い牢獄から敗退脱落となる

チームメイトを5人にしたらクリア

ステージを勝ち抜いていき、5人組になり5thステージに辿り着いたチームは二次選考クリアとなる

奪敵決戦についてざっくりまとめると
  • チームを組んでミニゲームを行う
  • 勝ったら敵のメンバーを1人奪う
  • チームが5人になったらクリア
  • 負けてしまい1人になったら敗退

千切と國神のコンビは熱い!

二次選考1st「BLUEKOCKMANシステム」を突破した國神。

彼は先に突破した千切から、潔と蜂楽、凪の3人がチームを組んで先に進んだことを教えてもらいます。

國神と千切は元チームZの中でも実力が高い方であり、凪たち元チームVと戦った時にはトップを任されていました。

FWだけしかいない本作において、トップのポジションを任されるということは、それだけでも凄いことです。

潔や蜂楽は自分たちよりも能力が低いのにも関わらず、青い牢獄の試練により能力を覚醒させていき、試合の流れを一気に変えました。

國神と千切の2人は個人の能力が高いのですが、どんどん覚醒して自分たちより先に行ってしまう潔や蜂楽に対して、憧れの気持ちやライバル心が人一倍あったはずです。

そんな同じ思いを持つ2人が共闘するという展開は超熱いですね!

また2人がチームメイトとしてもう1人誰かを加えないといけないのですが、そのメンバーが誰になるのかも気になります。

おそらく元チームZの誰かだとは思いますが、元チームYの二子や、元チームXの馬狼なども候補に上がってきますね。

【ブルーロック】潔世一のゴールが青い牢獄を変える!チームZは二次選考進出決定

糸師凛と愉快な仲間たち

糸師凛は青い監獄の運営よりチームを組むように指示されたとき、クリアするのが早く一緒に居合わせた3人の選手と組むことになりました。

時光青志

ランキング3位の選手であるものの、自分自身に自信が持てなくネガティブな言葉をつぶやいていました。

しかし彼自身が体が良く、フォワードとしての得点力が高そうですね。馬狼並みのフィジカルなプレイを期待できます。

蟻生十兵衛

反対にランキング2位でのロン毛・十兵衛は自分に自信を持っているナルシスト。

「オシャ(オシャレの意味)」な自分自身に誇りを持っているので、戦う相手がランキング4-6位の選手で構成されたチームが良いと思っています。

6位以下のランキングの潔たちのことは芋くさいと思っており、彼らとは戦う気がなかった模様。

潔に対決を求められたと勘違いして、奪敵決戦を行うことを了承します。

糸師凛のチームメイト
  • 時光青志→ガタイが良いビビり
  • 蟻生十兵衛→オシャが口癖のナルシスト

そして糸師凛本人について

天才MFの兄「糸師冴」に復讐に燃える

凛は現天才ミッドフィルダー糸師冴の弟であるようです。 彼が青い牢獄の目的は、兄である冴を潰すこと。つまり復讐です。

凛には人気が出そうな要素がぎっしり詰まっています。 また冴は凛に対してどのような行為をしたのでしょうか?

サッカー選手として普通に活動しているのであれば、兄弟から復讐されるほど恨まれると言う事はないと思いますが。

超がつくほどのエゴイスト

そのために青い牢獄も、仲間たちの選手たちのことも踏み台度しか持っていなく、そのことを堂々と宣言します。

普通の作家漫画だったらこの展開は許されないかと思いますが、本作はブルーロック。選手同士がエゴをむき出しになって争う場所。

なので凛が復讐ために突き進むのは当たり前です。

彼は仲間を大切にしないエゴイストであり復讐者のライバルという、他のサッカー漫画では見られないような人物ですね。 どちらかというとバトル漫画のキャラに近いかと思います。

糸師凛はブルーロックだからこそ生まれたキャラクターなのではないかと思いました。

また凛は2種類のシュートを操る事は分かっているものの、具体的な武器やゴールの方程式は不明あります。 彼がどのようなプレイをするのかが楽しみですね。

今回判明した「糸師凛」の情報
  • 兄・糸師冴に対して復讐心を持っている
  • 自身の目的を最優先にする「エゴイスト」

潔が凛に引き抜かれるのでは?

潔の仲間は高いドリブル能力と「かいぶつ」を持つ蜂楽に加えて、元チームVのエースを務めた凪清史郎です。

【ブルーロック】チームVのエース凪清史郎が仲間に!?この意外な展開が超熱い!

この3人は本作におけるゴールデンメンバーとも言えるメンツであり、当然チームとしてのレベルも高くなっています。

凛たちの実力はブルーロック最高クラスです。これ以上強い選手を登場させる訳にはいけなく、ここで勝ってしまったら後々の展開に支障が出てくるはずです。

なのでおそらく潔たち3人は負けてしまうでしょう。

その奪敵決戦は敵選手を奪取して最強のチームを作る戦い。凛チームが勝利した場合、奪われる選手が潔になるのではないかと思いました。

潔はサッカー選手としての能力は低いものの、ゴールを決めることによって幾度なくチームの危機を救っていきました。

潔はチームのキーパーソンであり、凛との試合でも活躍しその実力を認められる可能性がかなり高いです。

蜂楽と凪が同じチームになったのは、潔が青い牢獄にいることで、ゴールへの執着心が高まり、ストライカーとしての才能が開花したからでした。

凛も蜂楽と凪と同様に、試合をすることにより潔の才能を認め、自分のチームに引き入れたいと思う可能性が高そうです。

最後に

今回の記事のまとめ
  • 二次選考3rdステージは敵選手を奪い合う戦い
  • 糸師凛は復讐者
  • 潔は凛に負けそう

今回は二次選考3rdステージ「奪敵決戦」の詳しい概要が説明されました。

敵チームから選手を奪い合い戦いという、『ブルーロック』にしかないような展開であり、その概要を聞き後の話の展開を想像するだけでとてもワクワクしてきます!

糸師凛の強キャラオーラは強く、潔たちは負けてしまうと思うのですが、はたして試合はどのような展開になるのでしょうか?

created by Rinker
講談社
¥495 (2019/11/22 01:02:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。